証券会社を選ぶ

FX投資を始めようと思っている人は、まず投資をする証券会社を決めなければなりません。会社によってレバレッジ(預けたお金が何倍になって取引が行えるかという数字)は違いますし、手数料なども変わってきます。

注意しておきたいのは開設料金はかかりませんので、余計なお金を集めようとする会社とは取引はしないという点です。FX投資初心者の場合、証券会社の見極めは難しいと思いますので、よく名前を聞いたりするような大手の企業を選ぶほうがいいでしょう。

FX投資には証券取引の手数料やデイトレード手数料がかかります。
手数料は企業によって違いますが、無料から1.000円ほどです。手数料のことだけではなく、どこの国の通貨にするかということも大切なことですので、前もって情報を集めて決めておきましょう。

まずは比べてみよう。

FX投資をこれから始めようと思っている初心者の人は、安心できる会社選びが重要となりますが、求めている内容にあった企業を選ぶことも大切です。会社によって重点をおいている部分が違ってくるからです。

手数料が無料だけど最初に預ける金額がとても大きかったり、取引金額となる倍率を示すレバレッジがとても低かったり、会社によって大きな違いがあるからです。内容重視かサービス重視、または安全性重視かなどによって、会社選びが変わってくるのです。

FX投資を行っている企業をいくつか紹介しますので、初心者の人は参考にしてみたらと思いますが、資料請求などもできますので、活用してみてください。

FX投資人気に伴い企業も増えていますので、詳しい内容などはそれぞれの会社にお問い合わせください。

初心者に向いている外国通貨は

取引できる通貨ペアはたくさんあります。通貨にはそれぞれクセがありますが、その中から得意な通貨を見出し、通貨を軸に取引ができればこれほど心強いことはありません。リスクを分散させるため複数の通貨を持つことも、FXでは重要な戦略です。

日本円をはじめ米ドルやユーロ、ポンドは世界の外国為替市場で取引量の多い主要通貨で、オーストラリアドルやニュージーランドドルはそれより取引量の少ない準主要通貨です。商いが薄い通貨ほど値動きが急激になりがちですが、主要通貨は準主要通貨より格段に取引量が大きく市場参加者の人数も違います。

石油の売買など、様々な局面で世界的に取引されている基軸通貨は依然として米ドルです。多くの品物がドル建てで決済されています。米ドルは世界経済に与える影響が大きいため、主な金融情報は自然と米ドルが中心となり、情報収集が比較的容易な通貨です。

世界でいちばん取引が盛んなのはユーロ/ドルで、ユーロは円と米ドルと並び主要三通貨の一つです。比較的秩序だった動きをするので読みやすい通貨です。準主要国通貨であるニュージーランドドルやオーストラリアドルは、資源国で高金利国の通貨であることから、スワップ狙いに適しています。

よりスワップポイントが高い通貨はニュージーランドドルです。金利の引き下げ、引き上げはこの通貨の魅力であるスワップに繋がるため、注意すべき点です。逆に、初心者のうちはあまり取引をしない方がいい通貨は英ポンドです。値動きが乱高下するので、デイトレードには向きますがFX慣れるまでは手をつけない方が無難です。

初心者の注意点

急な円安や円高による為替変動は、初心者でなくても危惧する事態です。為替が変動する理由は、金融事情の他に自然災害や戦争なども含みます。地震や津波による為替が変動などは専門家でも予想しえません。この先どんな自然災害が起きどんな政策が発表されるかわかりでもしない限り、為替に不測の事態はつきまとうでしょう。

何かしらのメンタルトレーニングを積んだ人なら別ですが、FXを初めたばかりで円の暴落に直面したらほとんどの人はパニック状態に陥るでしょう。慣れたつもりでも、○年来の急騰や急落は次の瞬間に起こるかもしれない。金融相場に絶対はありません。その場の勢いや一過性の判断で、衝動的な対応をしてしまう危険もあります。

できる限りの金融市場での状況を想定して為替取引のリスク管理をしっかりと行うためにも、損切り(ストップロス)はしっかりと入れましょう。ストップロスは、含み損がある程度の大きさになった時にそれ以上の損が出ないよう出す決済注文です。

一時の損失を確定させることを躊躇ったために、逆に含み損が大きくなり過ぎて相場を撤退せざるをえなくなる人もいます。重要なことは、含み損も損と考えて回避策をあらかじめ整えておき、万一の対応を取っておくことです。

一番怖いのは、ストップロスを入れずにいたせいでFXで資産を殖やし直す余地のないほどの大損をしてしまうことです。チャンスをつかもうとしても、元金がなければどうしようもありません。一度の失敗が命取りにならないように、状況の変動に対応できるスタンスを取ることが初心者FXにとって大切なことです。

初心者の投資方法

FXで莫大な利益をあげた人の話は、少し調べるだけでも色々出てきます。資産を元手に数百万円も差益を得たという人や、今年始めたばかりなのに毎月プラスだという人もいますが、資産の大半を失う人もいます。未経験でもうまくやり遂げる人はいますが、どんなやり方でも儲けが出るという訳ではありません。

相場の流れがわからないからとその時々で目につく情報にのみ基づいて判断し、失敗するとその情報のせいにしていてはよくないです。相場の分析意見や情報は、なるべく厳選して活用しましょう。これはと思ったもののみをチェックし、そして自分の責任において取引を行います。

始めたばかりでまだ自信がないなら、レバレッジは3倍〜5倍くらい、スワップポイントで得を取るくらいで様子を見ることも取引方法の一つです。1万米ドルをレバレッジ2倍で購入するには60万程度の資産が必要で、こうしておけば日々150円程度の収入になります。

強制ロスカットにならないよう、最初からレバレッジの低い取引を維持するスタイルです。長期で保有する外貨を増やせばスワップポイントも増え、利益も少しずつ貯まります。相場に手を出すことが危険だと感じるうちはそういった方法もいいでしょう。

先の相場の動きに確信が持てたなら、一時的にリスクを犯してもレバレッジを上げるという手段も有益です。どこでリスクを犯し、どの程度までのリターンを狙うかという戦略を組み立てていきましょう。自分の財産を守るためには、どの程度まで含み損に耐えるか、どこで益を確定させるかしっかりスタイルを確立することが大切です。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。